気になる目のクマ…どうやったら治療出来る?|Health Of Beauty

気になる目のクマの対処方法は?

目の下のクマは、顔色が悪く見えてしまうもの。お悩みだという方も多いのでは無いでしょうか。クマについての悩みも人それぞれなので、どんな悩みがあるかを知っておくとよいでしょう。クマは、様々な要因で起こってしまうので、対処法もそれぞれです。予防や改善を行うのであれば、まずはしっかり対処しましょう。

よくあがるお悩み

クマが青い青クマですが、何故起こりますか?

青クマは、一般的に血行不良が原因で起こってしまうクマです。血行不良の要因はストレスや睡眠不足、貧血などがあげられます。

ファンデーションをしてもクマがカバーされません

その場合は、黒クマの可能性が高いです。黒クマはたるみが要因で起こってしまうものですので、ファンデーションのカバーは限界があります。

まぶたの皮膚が薄いとクマが出やすいんですか?

皮膚が薄いと、クマが起こりやすいと言われています。青クマなどの場合は、血行不良を起こすと薄くなった皮膚から血管などが透けて見えますので、より酷く見えます。

女性の目元

黒クマを改善するには

目のクマは様々な種類があり、年齢を重ねるごとに悩む人が増えるのが目の下が黒っぽくなってしまう「黒クマ」です。黒クマはスキンケアやマッサージといったケアで、解消するのは難しいと言われているタイプのクマとして知られています。目元の皮膚は他の部位と比べるととても薄く加齢によってたるみやすいのですが、このたるみが黒クマを引き起こします。目の下の皮膚がたるむことで肌に段差が生まれ、この段差の影が黒っぽいクマのように見えるのが黒クマの原因です。皮膚のたるみで引き起こされる目の下のクマなので、たるみを解消する効果のある美容的な治療で解消できます。黒クマを改善する治療としてポピュラーなのは、ヒアルロン酸注入やレーザー治療、サーマクールなどの美容医療です。ヒアルロン酸注射は弾力性のあるヒアルロン酸をたるみ部分に注入し、たるみを解消することで黒クマを目立たなくします。レーザー治療やサーマクールは肌のコラーゲン生成を増加させ、自然と肌のハリ感・弾力性をアップし、黒クマを薄くするという治療です。

カウンセリングを予約する

目のクマの治療を行っているのは美容皮膚科や美容外科クリニックといった、美容系クリニックが多い傾向にあります。このような美容系クリニックは、いきなり治療を行うということはまずなく、最初にカウンセリングを行うのが一般的です。美容系の治療は患者と医師とが仕上がりのイメージを共有する必要があるため、カウンセリングでしっかり話し合う必要があります。カウンセリングは完全予約制としているクリニックが大半ですので、いきなり受診してもカウンセリングを受けられない可能性が高いです。ですので、目のクマを治療する準備としてまずはクリニックに、カウンセリングを受ける予約をすることから始めましょう。予約は直接クリニックに電話連絡する以外にも、クリニックによっては公式サイトにある専用フォームから手続きできるようになっています。

広告募集中